介護の現場での感染対策

介護の現場での感染対策のアイキャッチ画像介護の基本

この記事では、
感染対策
感染に気を付けなければならない疾病
について解説しています。

介護の現場での感染対策

感染対策の3原則

  • 感染源の排除
  • 感染経路の遮断
  • 宿主(ヒト)の抵抗力の向上

主な感染経路と原因微生物

接触感染(経口感染も含む)

手指・食品・器具を介して伝番する頻度の高い伝播経路です。

主な原因微生物は、

  • ノロウイルス(主として経口感染)
  • 腸管出血性大腸菌
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
  • 緑膿菌 など

飛沫感染

咳、くしゃみ、会話などで、飛沫粒子(5㎛以上)により伝播します。1m以内に床に落下し、空中を浮遊し続けることはありません

主な原因微生物は、

  • インフルエンザウイルス
  • ムンプスウイルス
  • 風疹ウイルス
  • レジオネラ属菌 など

空気感染

咳、くしゃみなどで、飛沫核(5㎛以下)として伝播します。空中に浮遊し、空気の流れにより飛散します

主な原因微生物は、

  • 結核菌
  • 麻疹ウイルス(はしか)
  • 水痘ウイルスなど(水ぼうそう) など

血液媒介感染

病原体に汚染された血液や体液、分泌物が、針刺し事故等により体内に入ることにより感染します。

主な原因微生物は、

  • B型肝炎ウイルス
  • C型肝炎ウイルス
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)など

感染対策の基本

手洗い

感染予防の基本は、「手洗いに始まって手洗いに終わる」といわれるほど、手洗いが重要視されます。1ケア1手洗いを徹底しましょう。

ポイントは、

  • 爪は短く切る
  • まず手を流水で軽く洗う
  • 石鹸を使用するときは、固形石鹸ではなく必ず液体石鹸を使用する。
  • 手洗いが雑になりやすい部位は、注意して洗う。
  • 石鹸成分をよく洗い流す。
  • 使い捨てのペーパータオルを使用する。(布タオルの共用はNG)
  • 水道栓は、自動水栓か手首、肘などで簡単に操作できるものが望ましい。やむを得ず、水道栓を手で操作する場合は、水道栓は洗った手で止めるのではなく、手を拭いたペーパータオルを用いて止める。

固形石鹸や布タオルがNGなのは、そこに菌が付着し繁殖してしまう可能性があるからですね。

スタンダードプリコーション(標準予防策)

感染症や疾患の有無に関係なく排泄物や血液、汗をのぞく体液等を潜在的な感染源とみなして対応する予防策のことです。

すべての人の血液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物などに触れる時には、手袋マスクを着用します。触れる可能性がある場合にも、確実に着用する必要があります。必要に応じてゴーグルエプロンガウン等を着用します。手袋を外した時は、必ず液体せっけん流水で手洗いを行います。

汚染の除去

床に血液、分泌物、嘔吐物、排泄物などが付着した場合は、手袋を着用し、次亜塩素酸ナトリウム液等で清拭後、湿式清掃し、乾燥させます。トイレのドアノブや取手などは、消毒用エタノールで清拭し、消毒を行います。次亜塩素酸ナトリウムキッチンハイター等に含まれており、現場ではキッチンハイターを適宜濃度調整して使用することが多い。

キッチンハイターを使った消毒液の作り方を説明しておきます。

消毒対象必要な濃度原液の濃度希釈倍率1ℓの水を加えて作る場合の原液の量
便や吐物が付着した床やおむつ等0.15%50倍20ml
衣服や器具などのつけ置き、トイレの便座やドアノブ、手すり、床等0.025%250倍4ml

市販されている家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチなど)の濃度は約%です。

原液の量に50倍の水を加えれば濃度0.1%、250倍の水を加えれば濃度0.02%と覚えておけば大丈夫です。

キッチンハイターのキャップ一杯(約25ml)で0.1%の消毒液を作るなら水1250ml(25×50)、0.02%の消毒液を作るなら、水6250ml(25×250)といった具合です。

計算するのが面倒でしたら、500mlのペットボトル(キャップは約5ml)を使いましょう。

水で満たしたペットボトルに、キャップ2杯で0.1%、キャップ半分弱で0.02%です。

感染の危険がある疾病

結核

結核は、結核菌の飛沫感染空気感染により発症します。主な症状は咳・痰・微熱・血痰・喀血であり、新結核患者では高齢者が多い。

疥癬

疥癬は、ヒゼンダニの寄生により発症する感染性の皮膚疾患です。好発部位は、主に腋窩指間部陰部であり、そこから顔面を除く全身に広がっていきます。粟粒大の紅色丘疹が発生し、その中心に小水疱ができ、やがて結節(皮膚が盛り上がってできたふし)となります。

手関節や指間には疥癬トンネルといわれる灰白色の線が見られ、夜間の激しいかゆみが特徴です。

接触感染のため、長時間の皮膚接触、衣類や寝具の共用などは避けるようにします。疥癬には通常疥癬角化型疥癬(疥癬の重症型)の二つのタイプがあります。

通常疥癬は、治療を開始すると感染性はほとんどなくなります。角化型疥癬は、ヒゼンダニの寄生数が多く感染力が非常に強いため、個室管理とし、掃除機を毎日かける、シーツ・衣類を毎日交換する、ケアを行うときは予防衣とゴム手袋を着用する、入浴は最後にするなど、感染拡大防止対策を徹底します。

疥癬の治療では、殺ダニ剤の内服薬と軟膏が用いられます。軟膏は、皮疹のないところも塗り残しがないようにします。ヒゼンダニは、熱・乾燥に弱く50℃では10分程度で死滅するので、角化型疥癬の場合には、洗濯物をビニール袋に入れ殺虫剤を散布するか、50℃以上の湯に10分以上漬け、その後に洗濯します。(通常疥癬は通常の洗濯で問題ありません。)

スタンダード・プリコーションとして、1ケア1手洗いを実施し、感染の可能性のあるものを直接手で触らないなどを徹底する必要があります。

日和見感染症

日和見感染症とは、免疫力が低下しているために、通常なら感染症を起こさないような感染力の弱い病原菌が原因で起こる感染症のことです。日和見感染症の代表的なものに、院内感染(施設内感染)が問題となっているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症、ヘルペスウイルス感染症、カンジダ症、ニューモシスチス肺炎、サイトメガロウイルス肺炎などがあります。

耐性菌

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)緑膿菌に代表される各種の薬剤耐性菌は、主に院内感染の原因菌といわれています。これらの耐性菌は、抵抗力が保たれている人に関しては病原性を示さないため、保菌しているだけでは健康障害に至ることはないので、耐性菌は健康な人も保持していることがあります。ポイントは、以下のような点です。

  • 保菌していても家庭や施設で過ごせるような人であれば、重症化して、実害を及ぼすようなことはありません。 職員が入所者の処置を行った後に手洗いを行うことや、定期的な清掃を行い、一般的な清潔維持が保たれていれば、健常者と同じように日常生活を送ることができます。
  • 保菌しているだけでは、基本的に治療を行う必要はありません。
  • 通常では入浴で感染することはなく、特別に配慮する必要はありません。
  • 耐性菌は主に接触感染であり、感染防止には手洗いが基本となります。
  • 保菌しているだけでなく、MRSA感染症を発症している場合は隔離が必要です。
  • 抗生物質は効きにくくなっていますが、アルコールなどの消毒液熱水は効果があります。

腸管出血性大腸菌感染症

腸管出血性大腸菌感染症は、O157等ベロ毒素を生産するグループの感染によるもので死亡することもあります。これ以外の食中毒の原因菌として、ブドウ球菌、サルモネラ属菌・腸炎ビブリオ・ボツリヌス菌があります。

飲食物を介する経口感染がほとんどで、ヒトからヒトへの感染はあまりありません。患者の便や菌のついたものに触れた後、手洗いを十分にしなかった場合などに起こります。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘ウイルス・帯状疱疹ウイルスが原因で、ウイルスが身体に潜んで抵抗力が低下することで発症します。特徴としては、神経走行に沿って疱疹が出ることと、そのための激しい疼痛があります。早期に抗ウイルス剤を服用し、神経ブロック注射などで痛みを軽減する治療を行わなければ、長期間、神経痛が残る可能性があります

筆者も帯状疱疹にかかったことがあります。右側頭部あたりに針で刺すような痛みが頻繁に起こり、夜も寝られなかったので、かなりきつかったですね>,<

疱疹がでないタイプの帯状疱疹で、最初、肩こりが原因かと思ってマッサージやら針治療などにいってましたが、当然効果は出ず初期治療が遅れていて焦りました。帯状疱疹だと診断してくれた近所のペインクリニックに感謝です。

ノロウイルス

ノロウイルスは、感染性胃腸炎を起こします。冬季に流行する感染性胃腸炎の大半にノロウイルスが関与しています。集団生活を送っている施設で爆発的な流行をみることがあり、主な症状は嘔気嘔吐下痢です。
ノロウイルスの感染経路は、基本的に食品を媒介とする経口感染ですが、感染した人の糞便や嘔吐物などに触れ、手指などを介してウイルスが口に入る接触感染や、汚染された下痢弁や嘔吐物が飛び散り、その飛沫が口に入って感染する飛沫感染もあります。


ノロウイルスの効果的な予防方法は、液体せっけん流水による手洗いです。帰宅時、調理の前後、食事前には必ず手を洗いましょう。ノロウイルス感染症の嘔吐物・下痢便の処理には、マスク・手袋・ガウンを着用し、メガネやゴーグルで目を防御します。ノロウイルスは塩素系の消毒剤家庭用漂白剤(キッチンハイター等)でなければ、効果的な消毒はできません。

個人的には施設で発症してほしくない病気ナンバー1ですね。特に筆者の勤務する施設はグループホームなので、入居者は認知症です。感染の危険を説明しても理解できない方が半分以上いるので、ふらーっとリビングにでてきたりしないように、スタッフが専属でつかなければなりません。ノロの感染だけは本当に防ぎたいですね・・。

お疲れ様です。「介護の基本」10/13読破です。もう少しです!
次の記事はこちらです。
介護における安全|事故防止、災害対策、介護従事者の健康について解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました