介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護医療院|違いや特徴を説明

介護保険施設アイキャッチ画像介護の基本

介護保険施設、介護老人福祉施設、介護老人保健施設など似たような名称でわかりにくいものが多いため、この記事で名称と内容を整理しておきましょう。

特別養護老人ホームと介護老人福祉施設

これら二つの違いは、設置の根拠となる法律が違うというだけで、実は同じものを指しています。

  • 老人福祉法では「特別養護老人ホーム」
  • 介護保険法では「介護老人福祉施設」

つまり、名称が違うだけで実質的には「介護老人福祉施設=特別養護老人ホーム」ということになります。

ただし、介護保険法の施設サービスとして運営するためには、特別養護老人ホームとして認可されている施設が都道府県知事に申請し、介護保険法上の指定を受けなければなりません。

介護老人保健施設と介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の違い

介護老人保健施設

慢性期、維持期にある治療を要する状態ではない高齢者で退院後すぐに在宅生活を送ることが難しい場合の中間施設として位置づけられています。在宅復帰に向けたリハビリテーションなどを行い、生活の再構築を支援する施設です。

介護老人保健施設の人員は、医師(常勤)看護・介護職員、理学療法士、作業療法士または言語聴覚士、介護支援専門員、支援相談員等の配置基準が定められていますが、リハビリテーションの専門職である理学療法士(PT)作業療法士(OT)または言語聴覚士(ST)必ず置かなければならない、としているのは、介護保険施設のなかでは介護老人保健施設のみです。

介護老人福祉施設

高齢による身体・精神の著しい障害のため、常時の介護を必要とする高齢者のうち、居宅で介護を受けることが難しい人のための施設で、原則として要介護3以上の高齢者が入所することができます。ただし、要介護1・2でも、単身世帯等家族の支援が見込めず地域の介護サービスの供給が不十分であるなど、一定の場合には入所できる場合もあります。市役所などに設置されている入所検討委員会が決定します。

介護老人保健施設在宅復帰を目的としているため、整った医療体制のもと、医療ケアや充実したリハビリを受けることができます。一方、要介護度の高い人を優先的に受け入れる介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、日常生活の介護サービスを基本としているため、食事や入浴、排泄などの介助、掃除や洗濯などの生活援助が主になります。

介護保険施設とは

利用する施設サービスが保険給付の対象となる施設で、都道府県知事に指定を受けた介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)介護老人保健施設、介護療養型医療施設をのことです。ただし、介護療養型医療施設は廃止され、介護医療院が新設されています。

ここで介護医療院について補足しておきます。介護療養型医療施設の廃止から、その受け皿としての介護医療院の創設について話しておきます。

介護療養型医療施設医療法の適用をうける医療施設であり、主に医療法人によって運営されていました。

介護保険が適用される「介護療養病床」は、長期的に介護医療が必要な患者。

医療保険が適用される「医療療養病床」は、長期的に医療療養が必要な患者。

という位置づけでしたが、国の調査で『「介護療養病床」と「医療療養病床」の利用者の状況に大きな違いがみられなかった』という報告がなされました。

つまり、医療と介護が明確に区別されることなく、介護療養型医療施設が利用されている現状が明白になりました。また、医療施設であるにも関わらず、介護保険が適用されていた問題も表面化しました。

そのため、介護療養型医療施設は、2018(平成30)年3月末までで廃止となる予定でしたが、2017(平成29)年5月に成立した改正介護保険法で新施設に転換するための準備期間として6年延長されました。

このような経緯で、受け皿として新たな介護保険施設に、日常的な医学管理や看取り、介護を一体的に提供する「介護医療院」が創設されることになりました。

介護医療院は日常生活の身体介助や生活支援に加えて「日常的な医学管理」「看取りやターミナルケア」といった、医療的ケアを行える施設です。

介護老人保健施設との違いは何ですか?

介護老人保健施設在宅復帰を目指してリハビリに取り組むための施設で、期限付きの入居であるのに対して、介護医療院は看取りも視野に入れた長期入居が前提となっている点です。

お疲れ様です。「介護の基本」7/13読破です。後半戦です。
次の記事はこちらです。
介護サービス|制度、種類、内容等をわかりやすく解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました