介護福祉士試験

介護福祉士試験

医療的ケア

救急蘇生 救急蘇生とは、病気やケガにより、突然に心停止、もしくはこれに近い状態になったときに、胸骨圧迫や気道確保、AEDを使用したりして、急変した人の命を守り救うための知識と手技のことをいいます。 胸骨圧迫 心停止した傷病者の心臓付近を圧迫...
介護福祉士試験

障害の理解

「障害の理解」には障害福祉の歴史や法律なども含まれますが、勉強する労力の割に得点に結びつきにくいため、ここでは割愛し、医学的側面のみに焦点をあてています。ただし、障害者総合支援法などほぼ毎年設問や選択肢に登場するものは「社会の理解」のテキス...
介護福祉士試験

こころとからだのしくみ

介護福祉士国家試験の「こころとからだのしくみ」のテキストです。過去問を調べて、学習コストできるだけ低くしてあります。
介護福祉士試験

介護過程とは|意義や目的、展開の仕方を解説!

介護過程について、具体例も交えながら解説しています。介護福祉士国家試験においては必要十分の内容です。
介護福祉士試験

生活支援技術

生活支援技術のテキストです。介護福祉士国家試験では、この科目から26問出題されます。全科目中もっとも出題数が多い科目です。しかし学習コストは他の科目と大差ないので、費用対効果が最も高い科目です。
介護福祉士試験

認知症の理解

介護福祉国家試験では、”認知症”に関連する問題が毎年10問程度、確実に出題されているので、勉強の費用対効果はかなり高い科目です。 認知症ケアの理念 キットウッドが提唱したパーソン・センタード・ケアは、認知症ケアはまさに「人」中心のケア(その...
介護福祉士試験

発達と老化の理解|高齢者の心身の変化、疾病などを中心に解説

この科目は、 「人が生まれてから死に至るまでのそれぞれの発達段階における特徴や発達課題、また、生涯発達の考え方についての理解」 と定義されていますが、 介護福祉士国家試験ではほとんどが、老年期の特徴や老化に伴うさまざまな変化、またそれらが及...
介護福祉士試験

人間関係とコミュニケーション技術|介護の経験もふまえて解説

「人間関係とコミュニケーション」「コミュニケーション技術」という2科目について 介護福祉士国家試験では援助の入り口となる、利用者とのコミュニケーションについて学習する科目が二つあります。一つは「人間関係とコミュニケーション」で、もう一つは「...
介護福祉士試験

人間の尊厳と自立

勉強を始める前に申し上げますと、「人間の尊厳と自立」は後回しにしたほうが効率的です。理由も含めて説明しておきます。この記事だけで「人間の尊厳と自立」のテキストとしては十分です。市販のテキストを購入する前にぜひ記事を一読してみてください。
スポンサーリンク